プロフィール

blogs06nnnn

Author:blogs06nnnn
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
aaaaaAAA
スポンサーサイト
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
湿邪 漢方について
スポンサードリンク

ワタシの知人が、今、遠方の薬剤師から、月に1度漢方の処方を受けています。

1ヶ月分処方されて、それが終わる頃電話をし、体調等を説明した上で、

同じ漢方を処方してもらったり、また、調合を少し変更してもらったりしているようです。

ワタシ的に考えて、漢方医なんて今はいくらでもいるし、近場の漢方医にかかって、

その上で処方して貰った方がいいのでは?と思うのですがどうなのでしょう?

最近、薬局の薬剤師が相談処方するのがはやっているのでしょうか?

それに関して、医者ではないと言うデメリットはないのでしょうか?

ちなみに知人はその薬剤師を、ネットで調べて有名だったから、お願いしてる、んだそうです。

薬剤師から、しかも電話相談だけで漢方を処方されることと、実際、漢方医に診て貰うこと。

どんなことでもいいので、ご意見をお聞かせ下さい。



 私も#1の方に同感です。

 漢方は奥が深いもので、

・「病気の起こり方(内傷(七情内傷、飲食不節、労逸不当、先天不足、老化)、外感(風邪、寒邪、火邪、湿邪、燥邪、暑邪)、病理的産物(内湿・痰・飲、内寒、内熱、内燥、内風、気滞、血お、その他)」

・「病変のとらえ方(八綱弁証(表裏、寒熱、虚実、陰陽)、・・・」

・「治療の方法(補法、汗法、下法、和法、温法、清法、潤燥法、消法、固渋法、安神法)」

があり、とても電話相談だけで処方できる代物ではありません。漢方の専門医でも、1回で症状に効く処方をすることは難しいように思います。



スポンサーサイト
【2008/06/09 14:39】 | 未分類 |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。